全国大会に出場する伊東高水泳部のメンバー=伊東高

 県立伊東高水泳部はこのほど行われた第64回東海高校総体会に出場し、松本周也君(2年)が400メートル個人メドレーで優勝、200メートル個人メドレーで2位など、リレー3種目と個人3種目で8月17日から宮城県利府町のセントラルスポーツ宮城G21プールで行われる全国大会(インターハイ)への出場権を得た。

 出場者は松本君、杉本蓮樹君(2年)、上野礼登君(2年)、鈴木智弘君(3年)、土屋俊輔君(2年)補欠で佐々木琉成君(2年)、三田篤君(3年)、肥田廉太郎君(3年)。地域大会の各種目で3位以内と全国大会の標準記録を突破した選手が出場できる。

 鈴木智弘君は「個人ではコンマ数秒で全国に出られず悔しいが、リレーで全国に出られるので、先生、親への恩返しと思って頑張りたい」と話した。水泳部顧問の戸塚雅晴教諭は「9年連続全国出場だが、出場種目数は過去最多。東海大会で選手は最大限の実力を発揮できた。伊東市の恵まれない環境の中、選手、マネジャー、保護者など関係者の努力でここまでこれた。伊東高で初めて決勝まで残りたい」と話した。

 全国大会出場選手の順位と記録は次の通り。

 ▽400メートルメドレーリレー(5)松本、土屋、杉本、鈴木3分53秒45▽400メートルリレー(8)松本、杉本、上野、鈴木3分35秒12▽800メートルリレー(4)鈴木、上野、杉本、松本7分51秒18▽200メートル個人メドレー(2)松本2分4秒80▽400メートル個人メドレー(1)松本4分23秒40▽200メートル背泳ぎ(9)杉本2分10秒09

 【写説】全国大会に出場する伊東高水泳部のメンバー=伊東高