「絶対勝つぞ」「おー」と元気に声を上げる選手たち=伊豆市の天城ドーム

 ■「決勝まで勝ち残る」

 全日本女子学童軟式野球大会「NPB(日本野球機構)ガールズトーナメント2017」に、県東部選抜「静岡イーストエンジェルス」が出場する。メンバーには伊豆地区のチームに所属する15人も加わる。選手たちは8月4日に開幕する大会に向け、最後の調整に余念がない。

 監督の飯田和也さんは今年のチームについて「力のある投手が2人いて、守備も安定している。足を絡めた攻撃ができるところが強み」と評す。全国大会に向け「最終日まで勝ち残ることを目標に一戦必勝で臨みたい」と意気込みを語った。

 目前に迫った大会を前に同チームはこのほど、3日間にわたって伊豆市や河津町で合宿練習を行った。各地の関係者がチームをバックアップした。主将の日吉小夏さん(伊東ジュニア)は「応援してくれる所属チームの監督、コーチや選手のみんな、お母さん、お父さんのためにも、優勝旗を持ち帰りたい」と力強く述べた。

14年に準V

 大会は今年で5回目。イーストエンジェルスは過去3回、県予選を勝ち抜いて全国大会に出場し、2014年には準優勝の快挙を成し遂げた。今年の大会には全国から39チームが出場し、8月4~9日の6日間、埼玉県内の球場を会場にトーナメント戦で優勝を競う。

 【写説】「絶対勝つぞ」「おー」と元気に声を上げる選手たち=伊豆市の天城ドーム

 【図表】伊豆地区の選手