伊東市の宇佐美コミュニティセンター前中央広場などで31日~8月2日の3日間、「宇佐美夏まつり」(実行委員会主催)が開かれる。50周年の歩行者天国をはじめ、海上花火大会、盆踊り、歌謡ショーなどを繰り広げる。

 区民の交流、観光客誘致を目的とした夏イベント。31日と8月1日はJR宇佐美駅前の商店街組織・宇佐美商誠会を中心に、丸50年の節目を迎える「駅前通り歩行者天国」を午後6~9時に行う。人気の「落書き大会」を今年も両日、6時から約30分間行う。小学生以下が対象で、道路にチョークで自由に絵を描ける。駅前通りには露店や各町内の青年会による模擬店が並ぶ。各日、ダンスグループの発表もある。

 1日は午後5時40分から中央広場でオープニングセレモニーを行い、その後紅白餅まき、子どもたちの太鼓演奏、8時からは海上花火大会を開催する。終了後には歩行者天国50周年イベントとして、海岸から光る風船200個を大空へ飛ばす。

 2日は午後5時から「ふれあい盆踊りの夕べ」で、歌手・寿美さんの歌謡ショーを催す。小学生以下先着150人に菓子をプレゼントする。海上花火大会写真コンテストも実施。同大会で撮影した作品を幅広く募り、優秀賞受賞作は来年の花火大会のPRポスターに使用する。

 詳しくは宇佐美コミュニティセンター〈電0557(47)3399〉へ。