歩行者天国の道路で落書きを楽しむ子どもたち=宇佐美駅前通り

 宇佐美夏まつり(実行委員会主催)が31日夜、伊東市宇佐美で始まった。初日はJR宇佐美駅前の商店街を歩行者天国にし、らくがきイベントやヒップホップダンスなどを実施。飲食の模擬店なども並び地元の家族連れなどでにぎわった。歩行者天国は1日、まつりは2日まで。

 らくがきイベントは商店街組織「宇佐美商誠会」が催した。子どもたちは色とりどりのチョークを手にし、キャンバスとなった道路にアニメキャラクター、動物などの絵を自由に描いた。

 1日も「歩行者天国」を午後6~9時に開催する。8時からは海上花火大会、終了後には歩行者天国50周年イベントとして、海岸から光る風船200個を飛ばす。2日午後5時から、小学生以下を対象に菓子をプレゼントする。7時半から参加者全員による「盆踊りの夕べ」を繰り広げる。

 【写説】歩行者天国の道路で落書きを楽しむ子どもたち=宇佐美駅前通り