五輪旗を披露する宇田川さん=伊東市役所

 2020年の東京五輪旗とパラリンピック旗をお披露目する「フラッグツアー」のキャラバン隊が1日、伊東市を訪れた。同市八幡野出身のMTB競技元全日本チャンピオンの宇田川聡仁さん(38)らが市役所を訪問し、小野達也市長らに五輪旗・パラリンピック旗を披露した。

 フラッグツアーは、東京五輪・パラリンピックの自転車競技が伊豆市で開催されるのを受け、伊豆半島など県東部地区で行われている。宇田川さんら自転車競技の選手や地元のサイクリストらでつくるキャラバン隊が自転車で各市町を巡回し、伴走車で運んだ五輪旗・パラリンピック旗をお披露目している。

 伊東市役所を訪れた宇田川さんは「五輪・パラリンピックの自転車競技開催により、伊東市をはじめとする伊豆半島が活性化することを願っている。そのための啓発活動に自分が携わることができて、とてもうれしい。最後までしっかり、フラッグをつないでいきたい」と話した。小野市長は「3年後に向け、盛り上げていきたい」と述べた。

 【写説】五輪旗を披露する宇田川さん=伊東市役所