開会式で国旗・大会旗掲揚に臨む静岡イーストエンジェルスの選手ら=埼玉県営大宮公園野球場

 ■きょう滋賀と激突

 県東部選抜「静岡イーストエンジェルス」が静岡県代表として出場する全日本女子学童軟式野球大会「NPB(日本野球機構)ガールズトーナメント2017」が4日、埼玉県営大宮公園野球場で開幕した。開会式が同球場で行われ、イーストエンジェルス主将の日吉小夏さん(伊東ジュニア所属、伊東市立東小6年)が選手宣誓を行った。

 前年優勝の三重高虎ガールズを先頭に39チームが次々と入場した。イーストエンジェルスは20番目に登場し、「イチ、ニ」「イチ、ニ」と大きな掛け声と共に元気に行進した。

 大会は9日までの6日間、埼玉県内の6球場でトーナメント戦を行う。イーストエンジェルスは5日の2回戦から登場し、同球場の第2試合で滋賀選抜と対戦する。飯田和也監督は「一球を大切に、一戦ずつ勝ち上がっていきたい」と語った。

 ■日吉さん 「野球愛」力強く

 日吉さんは選手宣誓に、支えてくれた両親や監督、コーチ、大会を開いてくれた関係者への感謝の思いと、仲間と自分を信じる気持ちの大切さを込めた。「皆さんに心から感謝し、つらい練習を共に乗り越えてきた仲間を信じ、なにより野球を愛する自分を信じて、男の子にも負けない全力プレーでみんなを笑顔にしたい」と力強く宣言した。

 宣誓の言葉は自分で考え、監督や両親のアドバイスを受けて完成させた。自宅で何度も大きな声で練習し、開会式当日も宿泊先のホテルの部屋で最終確認を行ったという。

 開会式の後、日吉さんは「心の中では落ち着いているつもりだったけれど、体はすごく緊張して、足ががくがくするほどだった。でも自分としてはうまくできたと思う。ほっとした」と大役を振り返った上で「ここまできたら、狙うのは優勝しかない」と語った。

 【写説】開会式で国旗・大会旗掲揚に臨む静岡イーストエンジェルスの選手ら=埼玉県営大宮公園野球場

 【写説】力強く選手宣誓する日吉さん=埼玉県営大宮公園野球場