ディズニー・キャラクターが登場し歓声に沸く観衆=湯川の国道135号バイパス

 ■11日まで連日多彩なイベント展開

 伊東市の「第71回按針祭」が4日開幕し、按針パレードが繰り広げられた。市制施行70周年を記念し東京ディズニーリゾート・スペシャルパレードが特別参加。国道135号バイパスの市営海浜プール―なぎさ公園間の約900メートルを華やかに行進し、多くの見物客を喜ばせた。

 沿道には市民、観光客、ディズニー・ファンら多くの人が詰め掛け、声援を送りながらパレードを楽しんだ。ミッキーマウス、ミニーマウス、ドナルドダックなどディズニーの仲間たちが専用車両で登場すると「わあー」と大きなどよめきが起きた。一番人気のミッキーは見物客に手を振ったり、愛きょうを振りまいたりした。地元小学生らでつくるキッズダンサーも出演、軽快に舞い、パレードを盛り上げた。

 ディズニー・ファンの市立西小2年矢島さくらさん(7)は「大好きなプルート(犬)がいて、手を振ってくれた」と笑顔で話した。

 市民団体はディズニーより15分早く出発。ボーイスカウトフラッグ隊、一輪車の豆ぞうクラブ・旭スーパートライや「サン・ブエナ・ベンツーラ号」の帆船モニュメントなどがゆっくり歩いた。市内は11日までの8日間、“按針ウイーク”として連日多彩なイベントを催す。

 ◇  ◇  ◇

 按針祭執行委員会の発表によると、按針パレードの人出は4万人だった。

 【写説】ディズニー・キャラクターが登場し歓声に沸く観衆=湯川の国道135号バイパス