青紫色の花を付けた秋の七草のキキョウ=川奈の小室山山頂

 7日は二十四節気の一つ「立秋」。暦の上では秋の始まりとされる。伊東市内は厳しい暑さが続いているが、秋の七草が咲き始めるなど秋の気配も漂い始めている。

 川奈の小室山山頂では、秋の七草のキキョウが青紫色の星型の花を付けた。本数は少ないがオミナエシの黄色い花も咲き、観光客らが楽しんでいる。

 千葉県から家族4人で訪れたという会社員男性(44)は「ホテルで聴いて遊びに来た。眺めが良くて気持ちいい」と話した。小室山レストハウスのスタッフによると、キキョウの開花は例年より早く、まもなくハギも花を付けそうだという。

 【写説】青紫色の花を付けた秋の七草のキキョウ=川奈の小室山山頂