表彰式の前に改めて喜びを爆発させる静岡イーストエンジェルスの選手たち=埼玉県営大宮公園野球場

 全日本女子学童軟式野球大会「NPB(日本野球機構)ガールズトーナメント2017」最終日の9日、県東部選抜「静岡イーストエンジェルス」はいずれも埼玉県営大宮公園野球場で行われた準決勝で大阪ベストガールズを15―0、決勝で千葉なのはなガールズを7―3で下し、4回目の挑戦で初めて日本一の栄冠を手にした。

 【決勝・埼玉県営大宮公園野球場第2試合】

静岡

3010003―7

0001020―3

千葉

 初回に3点を先制した静岡が千葉の追い上げを封じて逃げ切った。

 静岡は初回、先頭の中谷がいきなり左越二塁打で出塁した。鈴木も左前打で続き、すかさず二盗を決めた。ここで3番渡辺が中前に適時打を放ち、相手の返球が乱れる間に2人がかえった。さらに相手の暴投で1点を加えた。三回には2死から3番渡辺、4番塚本、5番野田の3連打で1点を加えた。四回に1点、六回に2点を返されたが最終回、静岡は2死満塁から野田が走者一掃の中越え二塁打を放ち、試合を決めた。

 先発の野田は力のある速球で千葉打線を抑えた。二番手の飯田も粘り強い投球を見せた。最終回、再び登板した野田が相手の攻撃を3人で打ち取り、試合を締めくくった。

 試合後、日吉小夏主将は「日本一になりたいという思いが、どのチームより強かったと思う。その思いを実現できて、最高にうれしい。他には何にも言えない」と喜びを語った。飯田和也監督は「継投と打線がぴったりはまった。1月から夏休みまで、合宿を含めこの日に向けて練習を積み重ねてきた。支えてくれた関係者に心から感謝したい」と話した。

 【写説】表彰式の前に改めて喜びを爆発させる静岡イーストエンジェルスの選手たち=埼玉県営大宮公園野球場

 ■伊豆勢輝く 2日連続の金メダル―土肥・早田さん

 早田倫椛さん(土肥小5年)は、所属する土肥ビーチボーイズのメンバーとして8日にオール伊豆少年野球学童部大会(本社主催)で金メダルを獲得したばかり。2日連続で2個目の金メダルを手にした。

 両方の大会に出場するため、家族で土肥と埼玉を3往復したという早田さん、「どちらのメダルもうれしい。今日は最終回に守備に就くことができた。ベンチでも一生懸命声を出した。来年もまた、金メダルを2個もらえるよう頑張りたい」と笑顔で話した。

 【写説】2個目の金メダルを首から下げる早田さん=埼玉県営大宮公園野球場

 ■先頭打者二塁打チームに勢い 函南・中谷さん

 中谷日菜香さん(三島東スピリッツ所属、函南西小6年)は、準決勝と決勝、いずれも先頭打者で左越の二塁打を放ち、先制のホームを踏んだ。飯田和也監督も「あの2本が、チームを勢いに乗せてくれた」とたたえた。

 中谷さんは「前の試合まであまり打てなかったのでだめかと思ったけれど、もう一度練習して今日の試合に臨んだ。その成果を出せて良かった」と喜んだ。

 【写説】2試合連続の先頭打者二塁打を放つ中谷さん=埼玉県営大宮公園野球場