バケツに入ったマダイの稚魚を放流する子どもたち=湯川の伊東マリンタウン

 いとう漁協は9日、伊東市の宇佐美から富戸にかけてマダイの稚魚4万7千匹を放流した。湯川の道の駅・伊東マリンタウンでも行い、子どもたちが伊東サンライズマリーナ内に放した。

 マリンタウンの放流は、来場した家族連れなどに参加を呼び掛けて行った。バケツに入った稚魚は体長7センチほどで、子どもたちは大きく育つよう願い、計1万匹を放した。

 放流は、県漁業振興基金の栽培漁業推進事業として続けている。漁協職員によると、サンライズマリーナ内は餌が豊富で外敵が少なく、“天然のいけす”という。

 【写説】バケツに入ったマダイの稚魚を放流する子どもたち=湯川の伊東マリンタウン