チラシを手渡して協力を呼び掛ける剣持交番長(左)=荻のダイナム静岡伊東店

 伊東署と同署岡交番管内地域安全推進員は12日、伊東市荻のダイナム静岡伊東店で幼児の車内放置防止や置引への注意を呼び掛けるキャンペーンを行った。推進員と交番勤務員合わせて9人が出て、駐車場で来店者に啓発チラシを配布した。

 岡交番の剣持孝交番長は「子どもを車に残して遊戯することは絶対にやめてほしい。置引被害に遭わないため、確実な施錠を心掛けてもらいたい」などと訴えた。同店アシスタントマネジャーの佐伯賢二さんは「30分に1回駐車場を巡回するなど、車内放置や置引の防止に取り組んでいる」と語った。

 同署によると、今年に入ってからパチンコ店の駐車場に止めた車内に幼児を放置して死なせた事件が全国で2件発生している。管内の置引被害は6月までに16件(前年同期比9件増)確認されている。

 【写説】チラシを手渡して協力を呼び掛ける剣持交番長(左)=荻のダイナム静岡伊東店