細部まで精巧なスケールモデルの「東海自動車オリジナル・バス・セット2」

 東海自動車は2車種バスをデザインしたミニカー(150分1スケールモデル)「東海自動車オリジナル・バス・セット2」を10月21日から販売する。

 3年前に発売した初回セットが好評だったことから企画した。今回も、形や細かい塗装から電光掲示板、ドア・窓の位置、中の座席まで細部まで忠実に再現している。

 モデル車両は現在、主要路線で運行している路線バスのいすゞ社製「エルガミオ」(全長5・2センチ、高さ1・9センチ、幅1・5センチ)と、三島−新宿間を運行する高速乗合バス「三島エクスプレス」の主力車両である三菱ふそう社製「エアロエース」(同7・8センチ、同2・1センチ、幅1・6センチ)の2種。

 模型などを手掛けるトミーテック社が行っている全国各地のバスを模型化する「ザ・バスコレクション」の事業者オリジナル商品として6千個限定で製作した。価格は税込み2100円。

 東海バスグループ各案内所、小室山レストハウス、アピデ・ギフトプラザ伊東、伊豆市湯ケ島の踊子茶屋などで取り扱う。10月下旬にはインターネットや電話注文での受け付けもスタートする。同社は「限りなく本物に近いスケールモデルの精巧さを確かめ、バスに親しんでほしい」とアピールする。問い合わせは同社〈電0557(36)1122〉へ。

 【写説】細部まで精巧なスケールモデルの「東海自動車オリジナル・バス・セット2」