衆院選に向け取締本部の看板を設置する山下副署長=伊東署

 県選挙管理委員会は29日、衆院選(10月10日公示、22日投開票)の小選挙区立候補予定者への事前説明会を県庁で開いた。静岡5区は前職細野豪志氏(46)=希望=、元職吉川赳氏(35)=自民=、新人井口昌彦氏(63)=共産=、静岡6区はいずれも前職の渡辺周氏(55)=希望=、勝俣孝明氏(41)=自民=と新人内田豊氏(63)=共産=の関係者が出席した。

 ■「厳正、公正に」 伊東署、取締本部を設置

 伊東署は29日、10月の衆院選を前に選挙違反取締本部を設置し、山下克已副署長が同署玄関前に看板を掲げた。鈴木剛署長を本部長とし、署員約50人が取り締まりに当たる。

 山下副署長は「法令に基づき、厳正、公正に取り締まりを実施する」と話した。

 【写説】衆院選に向け取締本部の看板を設置する山下副署長=伊東署