国体少年Aの部で3位に輝いた2年生の松本君=伊東高

 ■「後半勝負」功を奏す

 県立伊東高水泳部2年の松本周也君はこのほど、松山市の松山中央公園プールで開かれた国体少年A(高校2、3年)の部男子400メートル個人メドレーで3位に輝いた。決勝のタイムは4分22秒34だった。同校水泳部員が国体で表彰台に上がったのは初めて。

 予選はインターハイやジュニア五輪と同じく、苦手な平泳ぎをカバーするように泳いだ。同日に他の種目もこなしていた疲れもあり、決勝は後半にスピードを出せるように前半は抑え気味にしたという。作戦が功を奏し、3位入賞を果たした。

 松本君は「インハイやジュニア五輪の反省を生かせた。これからは前後半のバランスを考えた泳ぎをしたい」と話した。顧問の戸塚雅晴教諭は「この種目はこれまで全国大会で実力が出せなかった。今回表彰台に上がって自信を取り戻せたと思う」と振り返った。

 【写説】国体少年Aの部で3位に輝いた2年生の松本君=伊東高