新人戦東海大会に出場する伊東高陸上部の3人=伊東高

 県立伊東高陸上部はこのほど、袋井市のエコパ・スタジアムで開かれた「第50回県高校新人陸上競技対校選手権大会」で好成績を収め、3人が東海大会に出場する。大会は28、29日に三重県伊勢市の三重交通Gスポーツの杜(もり)伊勢で開かれる。

 県大会では2年の阿部紗香さんが女子5千メートル競歩で30分19秒48、1年の渡辺圭竜君が男子円盤投げ(1・75キロ)で34メートル70、日吉悠太君が男子ハンマー投げ(6キロ)で39メートル28を記録した。3人とも自己記録を更新して各種目で6位入賞、東海大会への出場権を獲得した。

 阿部さんは「県大会では前の走者についていけなかったので悔しい。東海大会では記録をあと2分更新する」渡辺君は「県は1投目しかいい記録が出なかったので、東海は2投目以降でも記録を出したい」、日吉君は「ファウルを出さずにいい記録を出したい」と目標を掲げた。

 顧問の下山順一教諭は「3人はチャンスをものにできた。東海大会でさらに記録が伸びてほしい」と話した。

 【写説】新人戦東海大会に出場する伊東高陸上部の3人=伊東高