■通帳、キャッシュカードも

 伊東署は11日、伊東市内の無職男性(76)が現金350万円と、預金通帳、キャッシュカードをだまし取られる振り込め詐欺被害に遭ったと発表した。

 同署によると、9月15日午後2時半ごろ、息子を名乗る男から「お客さんに損をさせてしまった。俺が400万円支払わなければならない。立て替えてほしい」と電話があった。

 男性は同日、金融機関から現金350万円を下ろしたが、残り50万円を引き出せなかったことから通帳とキャッシュカードも用意した。

 男性は電話で指定・誘導された伊豆急南伊東駅近くの公園に行き、現れた若い男に手渡した。連絡がないことから不安に思った男性は、10日に息子に電話して確認し、詐欺に気付いたという。