鈴木署長(手前左)に受賞を報告する荒木田さん(中央)=伊東署

 伊東署地域安全推進協議会推進員の荒木田六郎さん(77)=伊東市玖須美元和田=はこのほど、多年にわたって防犯活動に尽力したとして、県防犯協会連合会長、県警本部長から連名表彰を受けた。17日、伊東署を訪れ、鈴木剛署長に受賞を報告した。

 荒木田さんは、1998年から同署玖須美交番管内で防犯パトロールや啓発活動に貢献した。特に町内の尋ね人の捜索や不審者情報に伴う声掛けに努めた。

 荒木田さんは「健康に注意して長い間活動したので受賞できたと思う。みんなの代表でもらったという気持ち」と話し、鈴木署長は「これだけ積極的に活動している地域は少ない。これからも犯罪を減らすための活動をしてほしい」と述べた。

 荒木田さんは2004、15年に署長感謝状を受けている。

 【写説】鈴木署長(手前左)に受賞を報告する荒木田さん(中央)=伊東署