■伊豆学研究会橋本理事長が執筆

 日曜・文化面の新連載として江戸時代、三島―下田を結んだ「下田街道の風景」が22日、スタートする。NPO法人伊豆学研究会の橋本敬之理事長(65)=写真=が執筆する。

 街道筋の宿場の運営や難所である天城越えの峠道の管理、安全通行など、沿道の村々の協力なくして人々の往来や文化の交流は実現しなかった。古文書をひもといたり、伊能忠敬の古地図と現代の道を比較したりしながら点描する。