好きな絵を描いて自分だけの「ぐにゃぐにゃ凧」作りを進める子どもたち=小室山グラウンド

 伊東市の小室山グラウンドで19日、「小室山カイトフェスティバル」(実行委員会主催)が開かれた。参加者は凧(たこ)作りや凧揚げなどを楽しんだ。

 参加した親子は実行委スタッフの指導で「ぐにゃぐにゃ凧」作りに挑戦した。ビニールでできた本体に好きな絵を描いて、自分だけの凧を完成させた。出来上がった凧を揚げ、出来栄えを競った。

 会場ではこのほか、スポーツカイトのデモンストレーションやサーフスケートボード体験、サーフィントレーニングなどが繰り広げられた。スライム作り体験のコーナーも設けられ、子どもらの人気を集めた。

 市内外の多くの団体や事業所の協力で開かれており、今年で4回目の開催。実行委員長の稲葉志至さんは「子どもたちに外に出て思いっきり遊んでもらいたいという思いで始まった。子どもたちが笑顔で走り回る姿を見られるのがうれしい」と話した。

 【写説】好きな絵を描いて自分だけの「ぐにゃぐにゃ凧」作りを進める子どもたち=伊東市の小室山グラウンド