仮称・ナガヤ川奈店の出店計画が明らかになったケーヨーデイツー伊東川奈店跡地=川奈

 ■一部改装、駐車場192台  来月5日に地元説明会

 伊東市川奈のホームセンター「ケーヨーデイツー伊東川奈店」跡地に、スーパー「ナガヤ」(本社・同市竹の内、沼田竹広社長)が「仮称・ナガヤ川奈店」の出店を計画していることが分かった。ナガヤは21日までに、大規模小売店舗立地法(大店立地法)に基づく届け出を県に提出した。

 ナガヤによると、ホームセンターとして使われていた鉄骨造り平屋建て・延べ床面積約2700平方メートルの建物を一部改装してそのまま使用する。売り場面積は、約1700平方メートルで、生鮮食品や総菜、すし、パンなど他店と同様食品を中心に扱う。一部にテナントの入店を予定している。

 敷地面積は約1万5600平方メートルで、192台分の駐車場を設ける。開店は午前9時半、閉店は午後8時か9時にする見込みで、繁忙期は営業時間を延長する可能性もある。

 店舗の開店時期は未定。大店立地法では届け出から開店までに8カ月が必要とされているが、同社は県と協議して開店時期を早めたい考え。現在店舗設計を進めており、年が明けてから改装工事に着手する。

 同社は「売り場面積は、現在の鎌田店より少し広くなる。駐車場も鎌田店の102台分から192台分と倍近く増え、来店しやすくなる。鮮度の良い品を適正価格で販売し、少子高齢化に対応したすぐに食べられる簡便食材にも力を入れる」と説明した。

 同社は大店立地法に基づく地元説明会を12月5日午後7時から、川奈の小室町会館で開く。

 【写説】仮称・ナガヤ川奈店の出店計画が明らかになったケーヨーデイツー伊東川奈店跡地=川奈