65年ぶりにコンサートが開かれるサンパーラー=伊東市の川奈ホテル

 伊東市の川奈ホテルは12月24日夜、国の登録有形文化財になっている本館内のサンパーラーでクリスマスコンサートを開催する。サンパーラーでコンサートを行うのは、65年ぶりという。

 同ホテルの本館と田舎家は昨年2月、昭和初期の面影をしのぶことができ、建築当時の状態が保たれていると評価され、国登録有形文化財となった。

 サンパーラーは半円形のガラス張りのラウンジ。階上には、せり出したオーケストラボックス(音楽演奏席)があるが、現在は婚礼でのみ利用されている。同所でのコンサート開催は1952年に米軍が催して以来という。

 同ホテルの格式と伝統ある建物を生かした新しい催しとして、クリスマスコンサートを企画した。フルート、バイオリン、チェロのプロ奏者による三重奏を予定している。

 コンサートは宿泊プラン利用客以外にも、地元向けにコンサート鑑賞のみの席(限定10人)を用意する。価格は4千円(サービス料別)でデザートとワンドリンク付き。

 問い合わせは川奈ホテル〈電0557(45)1111〉へ。

 【写説】65年ぶりにコンサートが開かれるサンパーラー=伊東市の川奈ホテル