県高校総合文化祭・吹奏楽部門で3位に輝いた県立伊東高吹奏楽部員=伊東高

 県立伊東高吹奏楽部がこのほど、浜松市の浜北文化センターで開かれた「県高校総合文化祭・吹奏楽部門」で3位に相当する「審査員特別賞」に輝いた。県大会での入賞は近年ではないという。

 14校出場し、各学校12分間でパフォーマンスした。審査員7人は演奏20点、演出10点の計30点で評価した。

 顧問の後藤新平教諭の指揮でホルシンガーの「スクーティン・オン・ハードロック」とNARGOの「パラダイス・ハズ・ノー・ボーダー」を披露した。1曲目はテンポの速いクラシックで苦労した曲だったが、技術的に不安だった部分も高評価を受けた。2曲目は振り付けを交えノリの良いポップス曲を演奏した。イベントで1カ月間、数回にわたって披露していたため、改善を図ってきた成果が出た。

 9月末から練習を積み重ね、演奏を披露していくごとに評価も上がっていった。当日で使った「伊東が好き」と書かれた譜面カバーも好評だった。

 部長の新井悠夏さん(2年)は「本番は楽しんできた。自分たちの音楽を伝えられた」、伊藤楓音さん(2年)は「勉強のつもりで臨んだのでうれしかったのと同時に信じられなかった」、奥原実紅さん(2年)は「地元以外で演奏することに不安があった。評価してもらえてうれしかった」と振り返った。

 【写説】県高校総合文化祭・吹奏楽部門で3位に輝いた県立伊東高吹奏楽部員=伊東高