手作りの看板を設置し特設コーナーをアピールする店員=玖須美元和田の「サガミヤ」デュオ店

 2018年のNHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」の関連書籍を取り扱う書店が、伊東市内でも増えてきた。各店舗では手作りのポップ広告などを設置し、盛り上げている。

 サガミヤのデュオ店では26日、大河ドラマの原作本「西郷どん!」(林真理子さん著)や西郷隆盛ゆかりの土地を紹介する雑誌など、約100冊を集めた特設コーナーを設けた。棚には店員が絵の具で描いた看板も設置した。

 山下聡子店長は「今月に入り、原作本を買う人が増え、追加で注文した。それだけ人気が高いのではないか」と話した。大河ドラマは1月7日から1年間、明治維新に活躍した西郷隆盛の生涯を放送する。

 【写説】手作りの看板を設置し特設コーナーをアピールする店員=伊東市玖須美元和田の「サガミヤ」デュオ店