完成したブログを見る生徒たち=伊東商業高

 ■客の立場で取材 魅力や改善点実感

 県内でLPガス事業などを手掛ける総合エネルギー会社「エネジン」と県立伊東商業高の科目「課題研究」で「ビジネス観光」を選択する3年生が制作したブログが完成した。生徒たちは本年度4月から伊東市の観光施設、飲食店を紹介するため取材をし、内容を記事にまとめた。同校で企業と連携してブログ制作を行うのは本年度が初めて。

 完成したブログは同社の「エネフィ一家のほのぼの日記」というサイトで閲覧できる。各施設で数人1組で取材をし、記事化した。同社のほか、「伊豆ぐらんぱる公園」「わさらび」(ラーメン店)などを取り扱った。小見出しを付けるなどし「高校生らしく」紹介している。

 取材時は職員とコミュニケーションを取りながら話を聞いた。初めは緊張していたものの、職員の手助けもあり、「自分から進んで聞くことが大事」だと気が付いたという。客の立場で見学し、魅力、改善点を実感した。

 制作は閲覧数を上げることを心がけた。「自分たちが楽しませてもらった分、多くの人に来てほしい」という思いから写真などを加工して工夫した。

 宮下真帆さんは「先輩たちはやっていない、初めてだから責任感を持って制作できた」、金指まゆさんは「見る人のことを考えて作った。思い出にもなったので選択して良かった」、島崎智也君は「訪れたところを他県と比較してみたり、自分たちが発信できることが貴重な経験だった」と感想を話した。来年度も実施する。

 【写説】完成したブログを見る生徒たち=伊東商業高