気持ち良さそうに風呂に漬かるがんも(左)=富戸の伊豆シャボテン動物公園

 ■いしかわ動物園参戦 5施設対決 

 「元祖カピバラの露天風呂」で人気の伊東市富戸の伊豆シャボテン動物公園は8日、全国各地の4施設と「カピバラの長風呂対決」を開催した。同公園は家長の「がんも(4歳、雄)」が挑戦。28分31秒で3位だった。新たに加わった「いしかわ動物園」(石川県)と、カピバラ露天風呂の継続と普及を目的とした協定も結んだ。

 長風呂対決は湯船に入った代表カピバラが湯船から出るまでの時間を計測し、“長風呂ナンバーワン”の座を競った。がんもは同公園のカピバラファミリー12匹と一緒に気持ちよさそうに湯に漬かった。

 同公園は2013年から毎年、協定を結んでいる施設と長風呂対決を実施している。調印式は、多くの来園者が見守る中で行われた。同公園のカピバラファミリーを代表し「がんも」が前足の肉球で協定書に調印した。

 初の5施設対決となった今回、埼玉(県こども動物自然公園)が1時間36分17秒で優勝した。那須(どうぶつ王国)は1時間33分16秒、石川が12分40秒、長崎(バイオパーク)は8分56秒だった。

 飼育担当の作田武志さんは「今日は雨が降っていて湯加減の調整が難しかった。2時間ぐらい入ると予想していたので意外に短かったのは残念。しかし、家族で気持ち良さそうに入ってくれた。今後も癒やしの露天風呂を普及させていきたい」と力を込めた。

 【写説】気持ち良さそうに風呂に漬かるがんも(左)=富戸の伊豆シャボテン動物公園