「あまんちゅ!~あどばんす~」のPR用イラスト(c)2018天野こずえ/マッグガーデン・夢ケ丘高校ダイビング部

 ■市 「一緒に盛り上げたい」

 伊東市の富戸港などを舞台にスキューバダイビングに熱中する女子高校生を描いた漫画「あまんちゅ!」(天野こずえさん作)のテレビアニメ第2弾となる続編「あまんちゅ!~あどばんす~」が、4月から放送される。放送局や時間など詳細は未発表。前回同様、アニメ制作に協力する市は「皆さんと一緒に盛り上げていきたい」と期待する。

 「あまんちゅ!」のテレビアニメは一昨年7~9月、静岡放送などで放映された。ダブルヒロインの小日向光と大木双葉がダイビングを通じ絆を強める青春ドラマ。「あどばんす」では、なくてはならない存在同士となった光と双葉が、新たな登場人物を加えながらの新たなストーリーを展開する。原作者天野さんは伊豆に親戚がいて、小学生時代、伊東の海で泳いだ経験もあるという。

 同アニメとのコラボ企画などを担当する市観光課の栗原扶美代さんは「前回の放送で知名度も上がっているご当地アニメ。市外のファンの方だけでなく、多くの市民の皆さんにも楽しんでもらいたい」と期待を寄せる。

 同アニメは昨年夏、アニメツーリズム協会が国内外のファンの投票を参考にした「訪れてみたい日本のアニメ聖地88(2018年版)」に選定された。

 【写説】「あまんちゅ!~あどばんす~」のPR用イラスト(c)2018天野こずえ/マッグガーデン・夢ケ丘高校ダイビング部