来場者の目を楽しませる雛飾り=東海館

 伊東市東松原町の伊東温泉観光・文化施設「東海館」に、早くもあでやかな雛(ひな)飾りがお目見えした。明治、大正、昭和時代に作られた雛人形約150体と雛の吊るし飾りが3階大広間に展示され、来館者の目を楽しませている。展示は3月中旬ごろまでを予定している。

 地域活性化にとりくむ「伊東百人会」が毎年行っている取り組み。雛祭りイベント「伊東MAGARI(まがり)雛」にも加わっている。

 伊東MAGARI雛は今年、東伊豆町で開催中の「稲取雛のつるし飾りまつり」と連携して、割引きサービスを始めた。それぞれの会場の入館券を持参すると、もう片方の会場の入館料が半額になる。雛のつるし飾りまつりの開幕に合わせるため、今年は東海館の雛飾りの展示も例年より1カ月ほど早く始まった。

 【写説】来場者の目を楽しませる雛飾り=伊東市の東海館