ドライバーに停車を求める署員=荻

 30日午後3時半ごろ、伊東市荻の市道交差点で、横断歩道を渡っていた男子児童(7)にトラックが衝突し、逃走した。男子児童は頭に軽傷を負った。伊東署は31日、現場付近で検問を実施した。

 地域課と交通課の署員10人が事件の起きた前後の時間に合わせ、通りかかるドライバーへの声掛けや近隣店舗の防犯カメラの映像を確認し、情報の提供を求めた。

 署員はドライバーに停車を促し「30日の午後3時半ごろ通過しなかったか」などと質問した。目撃情報を求める看板も設置した。

 目撃した児童によると、トラックは白色で、市立門野中方向から南方向に逃走したという。

 同署の鈴木英文交通課長は「事件を目撃した人はわずかなことでも良いので、情報を提供してほしい」と呼び掛けている。

 【写説】ドライバーに停車を求める署員=荻