ステージで紹介される2年間皆勤者の6人=桜木町のひぐらし会館

 ■2年間皆勤者は6人

 伊東市教育委員会が市内在住の60歳以上を対象に開講する2年間継続受講の生涯学習講座「いでゆ大学」の本年度閉講式が1日、桜木町のひぐらし会館で開かれた。出席基準を満たした1回生24人、2回生23人の計47人に修了証書を贈った。

 本年度は、伊東の歴史や介護予防、料理教室など全20回の講座が開かれた。修了証書は出席率60%以上の人に授与され、高橋雄幸教育長が代表者に手渡した。2年間皆勤者は6人で、稲葉秀一さん、高橋和恵さん、斉藤千鶴子さん、島田律子さん、新城富二野さん、土屋忠司さんだった。

 あいさつで高橋教育長は「自己を高める姿勢を実践している」と受講者をたたえた。皆勤者代表の斉藤さんは「今まで知らなかったことを知ることができ、次の講座が楽しみだった」、受講生代表の稲葉さんも「あっという間の2年間だった。多くの人と知り合え、ただただ楽しかった」と振り返った。

 終了後には、東海自動車相談役の石井文弥さんの記念講演も行われた。

 【写説】ステージで紹介される2年間皆勤者の6人=伊東市桜木町のひぐらし会館