多くの人でにぎわう豆まき=物見が丘の仏現寺

 物見が丘の仏現寺(板垣圭祐貫首)は「厄よけ開運・節分会」を開いた。市内外から約600人が訪れた。

 本堂前に設置した特設舞台から、年男年女や来賓の各団体代表者らが豆や菓子入りの袋を「福は内」の声を上げながら、威勢良くまいた。

 舞台の周囲には多くの老若男女が集まり「こっちにも投げて」と猛アピールし、夢中で拾った。豆まき前には法要が行われ、来訪者たちが手を合わせ一年の無病息災を願った。

 「節分」の3日、伊東市内の寺社や商店街など各所で豆まきが行われ、無病息災などを祈った。

 【写説】多くの人でにぎわう豆まき=伊東市物見が丘の仏現寺