艶やかに「舌出し三番叟」を披露する芸妓衆=松原湯端町の伊東旧見番

 伊東芸妓(げいぎ)置屋協同組合(伊東旧見番、三島幸枝理事長)は25日、日頃の稽古の成果を発表する「手習い妓(てならいこ)の会」を、伊東市松原湯端町の旧見番で開いた。芸妓衆が艶やかに舞や三味線、鼓の演奏などを披露し、市民や観光客を楽しませた。

 長唄「寿」を皮切りに、「舌出し三番叟(さんばそう)」、端唄「梅は咲いたか」などを繰り広げた。最後は最も華やかな「三下り甚句」を舞い、大きな拍手を浴びた。

 三島理事長は「一生懸命稽古してきた成果を発揮し、春の良い門出となるよう精いっぱい頑張りたい」とあいさつした。

 【写説】艶やかに「舌出し三番叟」を披露する芸妓衆=伊東市松原湯端町の伊東旧見番