ゴルフの東日本大会で2連覇した(左から)高橋さん、秋山さん、田京さん、宮下さんの伊東チーム

 トップアマチュアのゴルフ競技大会「日本クラブチームゴルフ選手権」の東日本地区決勝がこのほど、茨城県小美玉市の石岡ゴルフ倶楽部で開かれた。同日は悪天候のため半分の9ホールで競技打ち切りとなり、伊東市から出場した不動産業秋山佳輝さん(46)らの伊東チームが、4人の合計スコア162で優勝し、本大会2連覇を飾った。伊東勢は5月4日に兵庫県加東市の高室池ゴルフ倶楽部で開かれる全国大会に進出する。

 4人一組のゴルフ仲間がチームを組み、腕を競う大会。地区予選を勝ち抜いた36チームが出場した。昨年に引き続き、秋山さんをはじめ、会社員高橋弘幸さん(46)、造園業田京秀一さん(39)、同宮下健さん(35)で編成する伊東市民チームが参戦した。激しい雨が降る中、冒険しない堅実なプレーを目指し奮闘したという。

 秋山さんは「あの悪い天気の中、スコアを乱さず、皆が良く辛抱でき頑張ったと思う」と振り返り、全国大会に向けて「昨年は10位と不本意な成績だった。リベンジを果たすため、伊東代表のプライドに懸け、優勝を狙って頑張りたい」と闘志を燃やしている。

 【写説】ゴルフの東日本大会で2連覇した(左から)高橋さん、秋山さん、田京さん、宮下さんの伊東チーム