メガソーラー建設差し止めを申し立てた理由を説明する稲葉さん(前列右から2人目)

 ■「海に土砂、建設やめて」

 伊東市八幡野地区に計画されている大規模太陽光発電施設(メガソーラー)の建設を巡り、同地区や周辺の漁業者とダイビング業者21人が28日、「工事による土砂・木くず混じりの雨水の流入で海が回復不可能な状態になれば生活が妨げられる」として建設差し止めを求める仮処分を静岡地裁沼津支部に申し立てた。漁業者らと代理人の弁護士が同日、沼津市内で会見し、申し立ての内容を説明した。

 申立書によると、同建設工事によって流出する土砂混じりの雨水は海を濁らせ、多量の雨が流れ込むことで海水と淡水のバランスが崩れる。海の生態系が壊れ、漁業とダイビング業を妨げる―などとした上で、漁業者の漁業行使権、ダイビング業者の営業権などの侵害を防ぐために林伐採と施設建設を差し止めるよう求めた。

 弁護士は、建設が漁師、ダイバーの生活に多大な影響を与えるかどうかが争点になるとの見方を示し、「建設計画では、海に対する考慮がなされていない。事業者は事前に海洋調査や被害防止策を検討しておらず、緊急に工事を差し止める必要性がある」と述べた。

 いとう漁協組合員で申立人代表の稲葉功さん(56)は「これまでの事業者との話し合いで何ら進展がなかったので申し立てを決意した。自分たちは、自然豊かな海を子や孫に残していかなければならない」と語った。申立人に加わったダイバーの福田航平さん(42)は「土砂の流入で海の環境が変わってしまう。風評被害も心配」と危機感を示した。

 事業者の伊豆メガソーラーパーク合同会社の担当者は「申立書を見てから、対応を考えたい」とコメントした。

 【写説】メガソーラー建設差し止めを申し立てた理由を説明する稲葉さん(前列右から2人目)