児童から花束を受け取る宮下校長(右)ら=南小

 伊東市立全小中学校は29日、離任式を行った。児童、生徒は感謝の気持ちを込め、退職、転出する教員を送り出した。

 市立南小(宮下美由貴校長、児童649人)は退職する宮下校長を含め、11人が学校を去った。教員たちは児童から拍手で出迎えられ、それぞれ児童に言葉を贈った。

 宮下校長は「勉強は自分の夢をかなえる力をつけるためにやること」と話し「『ありがとう』と言える、言われる人になってほしい」とエールを送った。

 教員たちは児童から花束を受け取り、笑顔で声を掛けた。児童会役員たちは「今までありがとうございます」といった感謝の言葉を述べた。式の後、全校児童で花道を作り、拍手で見送った。

 【写説】児童から花束を受け取る宮下校長(右)ら=伊東市立南小