愛らしい姿を見せるカピバラの赤ちゃんたち=伊豆シャボテン動物公園のカピバラ虹の広場

 ■愛らしい姿間近で 

 伊東市富戸の伊豆シャボテン動物公園で29日、カピバラの赤ちゃん2頭の一般公開が始まった。21日に産まれ、産後1週間ほど。公開は同園内のカピバラとふれあえる「カピバラ虹の広場」で行われ、来場者は赤ちゃんの登場に喜びの声を上げた。

 父親は「ケビン」で母親は「ニンジン」、ニンジンは5回目の出産となる。赤ちゃん2頭の性別は不明で名前は決まっていない。飼育員に促され、2頭は母親と一緒に獣舎から広場の中央までやってくると、甘えたり、じゃれあったりした。

 赤ちゃんたちが仲間に加わり、虹の広場のカピバラは合計10頭となる。飼育員の加藤貴士さんは「毛並みや食べている姿など間近で感じてほしい」と語った。天候など様子を見ながら徐々に獣舎から広場で外の環境に慣れさせていく予定だという。

 東京から家族旅行で訪れた松田有加さん(11)は「赤ちゃんを見たくて訪れた。とてもかわいい」と2頭の赤ちゃんの誕生を喜んだ。

 【写説】愛らしい姿を見せるカピバラの赤ちゃんたち=伊豆シャボテン動物公園のカピバラ虹の広場