上半身裸で水を掛け合って遊ぶ子どもたち=桜木町の松川

 高気圧に覆われて晴れ間が広がった4日、伊東市内は朝から汗ばむ陽気となった。網代観測所は「夏日」近い気温24・5度を記録し、6月中旬並みの暖かさとなった。

 伊東市の中心部を流れる伊東大川(松川)では、子どもたちが上半身裸で川に入り、水を掛け合う姿が見られた。「冷たい」などと歓声を上げ、元気に水と親しんだ。

 子どもたちは、神奈川県内から1泊2日の日程で伊東市を訪れた5家族。父母は日陰でのんびりと過ごした。

 静岡地方気象台によると、5日は寒気が流れ込み、気温は大きく下がる見込みという。

 【写説】上半身裸で水を掛け合って遊ぶ子どもたち=桜木町の松川