日ロ首脳会談を再現しサンパーラーに飾られた八重桜=川奈ホテル

 伊東市の川奈ホテルは、同ホテルで行われた日ロ首脳会談から18日で20周年を迎えることを記念し「ロシア・フェア」を開催している。会場となったサンパーラーには、当時と同じ八重桜を飾り、エリツィン大統領(故人)が食した料理などを再現したディナーやオリジナルカクテルを30日まで提供している。

 ディナーには、エリツィン大統領が食べた「サザエの香草バター焼き川奈ホテル風」をはじめ、フェアのために考案した「さくらのコンソメスープ」、「ビーフストロガノフ」などを用意した。料金は1万3560円(税など込み)。

 またフェア期間限定のオリジナルカクテル「八重桜」も提供している。ロシアの酒ウオッカをベースに桜リキュールなどを混ぜた春らしい桜色のロングカクテルに仕上げた。価格は1320円(同)。このほか当時を語る案内ツアー(要予約、無料)も午前11時から行っている。

 同ホテル企画広報担当者は「日本とロシアのさらなる友好を願い企画した。地元の皆さんにもぜひ利用してほしい」とアピールしている。問い合わせは同ホテル〈電0557(45)1111〉へ。

 【写説】日ロ首脳会談を再現しサンパーラーに飾られた八重桜=川奈ホテル