高野さんの講演を聞く生徒たち=伊東高城ケ崎分校

 ■臨床心理士高野さん 上手な使い方解説

 県立伊東高城ケ崎分校(成田優校長)は9日、同校の生徒を対象に心の教育講座を開いた。「ネットやスマホと上手に付き合うために」というテーマで臨床心理士の高野桂実さんが講演した。

 同校ではネットの使い方に関する講座を毎年行っている。今回の講演は心の健康に関する問題も取り入れ、スマホ依存やSNS(会員制交流サイト)に関するトラブルなど、インターネットに関わる諸問題を取り上げた。全校生徒106人が高野さんの話を真剣に聞いた。

 高野さんはプロジェクターを使いながらネット依存によって体の不具合や事故、犯罪トラブルを引き起こすことなどスマホやSNSの問題点を指摘。ネット依存のチェックリストを示し、生徒にいくつ当てはまるか、ネット依存になっていないかを問いかけた。コミュニケーションや周囲の気遣い、公共の場所でのマナーを確認し、ネットに振り回されずリアルの姿を大切にしてほしいと話し、最後に「自分に合ったスマホ・ネットの使い方を見つけてほしい」と講演を締めくくった。

 2年生の鈴木心さんは「自分も夜遅くまでスマホを使っている。依存していると感じたので気を付けたい」と講演を振り返った。

 【写説】高野さんの講演を聞く生徒たち=伊東高城ケ崎分校