海老名さんの自宅に咲くサクラソウ=伊東市八幡野

 ■「生きがい、仲間づくりに」

 伊東市八幡野に住む海老名嘉昭さん(82)が自宅で育てているサクラソウが見頃を迎えた。一重や八重の色とりどりの美しい花が開き、見る人を楽しませている。

 海老名さんは36年前から育て始め、サクラソウ300種、1900株に増えた。海老名さんのお薦めは一重咲きの「白トンボ」や「赤トンボ」、「紫式部」など。今年は寒暖差が激しく花芽の分化が進み、例年よりも早く開花している。

 海老名さんは「伊豆高原にもサクラソウを楽しむ仲間ができればうれしい。老後の生きがいや仲間づくりがサクラソウを通してできれば」と笑顔で話した。

 展示期間25日まで。時間は午前10時から午後5時。自宅住所は伊東市八幡野408。希望者はサクラソウの購入もできる。栽培方法は簡単で肥料や農薬はほとんど必要なく、害虫にも強いという。問い合わせは海老名さん〈携帯090(2131)9574〉へ。

 【写説】海老名さんの自宅に咲くサクラソウ=伊東市八幡野