一塁の判定をする参加者=市営かどの球場

 伊東市野球連盟(中村敏夫会長)は15日、伊東市営かどの球場で審判講習会を開いた。シーズンを前に、約50人が集まり、審判員の基本動作を確認した。

 市立中野球部も協力して、4班に分かれて行った。投球判定、打球判定、基本的ジェスチャー、塁審の立ち位置などを実践を交えて学んだ。指導員は二塁の盗塁判定でキャッチャーの送球を見てから早めに動き、止まって判定することを教えた。参加者に「もっと前、もっと前」といった呼び掛けをしながら指導した。

 同連盟の川村晃一郎審判部長は「ルールの確認も兼ねて毎年行っている。初めての人も多いので、本当に基本的な部分を教えた」と話した。

 【写説】一塁の判定をする参加者=伊東市営かどの球場