タブレットで電子書籍「海の彩色劇場」を示し語る伊藤さん

 ■「彩色の不思議感じて」

 本紙で「ぐるり魚(ウオ)ッチング」を連載している伊東市八幡野の水中カメラマン伊藤勝敏さん(80)の2冊目の電子書籍「海の彩色劇場」の配信が、このほど始まった。アップル社のアプリ「iBooks(アイブックス)」からダウンロードできる。

 伊藤さんが30年以上にわたって撮りためた中から色鮮やかな生き物の写真をえりすぐって、黄、金赤、紫、群青、緑など10の色に分けて掲載した。黄色のヤマトナンカイヒトデやイトマキヒトデ、金赤色のオオエダキサンゴ、紫色のヒメハナギンチャク、朱色のウミシダなど90種を77ページにわたって紹介している。

 伊藤さんは「撮影した魚の色を忠実に再現できるところが電子書籍の魅力だと思う。見た人が、海の生き物の造形や彩色の不思議さを感じてくれればうれしい」と話した。

 【写説】タブレットで電子書籍「海の彩色劇場」を示し語る伊藤さん