見頃となった色とりどりのブーゲンビリア=八幡野のケニーズハウス・カフェ伊豆高原本店

 ■「インスタ映えする」 ピンク、オレンジ、赤 

 伊東市八幡野のケニーズハウス・カフェ伊豆高原本店(戸田賢治社長)の多色咲きのブーゲンビリアが、見頃を迎えている。1本の樹がピンクやオレンジ、赤などの“花”が市民や観光客の目を楽しませている。

 ブーゲンビリアは中南米原産の熱帯植物で、年2回ほど開花する。花は中央の小さな白い部分で、色づいているのは葉。同店のブーゲンビリアは10年ほど前から育てており、白や紫、黄色の葉も見られる。11月ごろまで楽しめるという。

 戸田社長によると、観光客から評判は上々で「『インスタ映えする』と喜ばれている。料理だけでなく“花”も楽しんでもらいたい」と笑顔で語った。

 【写説】見頃となった色とりどりのブーゲンビリア=八幡野のケニーズハウス・カフェ伊豆高原本店