のぼり旗を手にあいさつを聞く参加者=大原の物見塚公園

 ■11団体・120人、行進も

 「メーデー」の1日夕、伊東市大原の市役所横の物見塚公園で「第89回メーデー伊東地区集会」(実行委員会主催)が開かれた。11団体・約120人(主催者発表)が参加し、「全ての労働者の大幅賃上げで景気を回復させよう」「被災者が希望を持てる復興を早期に行え」「活気あるまち・伊東の再生を」−など、9項目のスローガンを採択した。

 実行委員長の山崎司・伊東地域労働組合総連合議長はあいさつで、安倍政権を強く批判し「今、アジア、世界が平和に向けて進んでいる。改憲発言をさせないよう頑張ろう」と訴えた。参加団体代表もリレー形式で決意を表明し、最後は「団結ガンバロー」と拳を振り上げた。集会後は市内をデモ行進した。

 【写説】のぼり旗を手にあいさつを聞く参加者=大原の物見塚公園