ポケットティッシュとチラシを手渡す会員たち=伊東駅前のロータリー

 ■チラシ配り、呼び掛け

 日赤伊東市地区(地区長=小野達也市長)は1日、伊東駅前で赤十字会員増強運動の街頭キャンペーンを行った。会員約15人と市社会福祉協議会の職員が参加し、チラシを配布して活動への理解と協力を呼び掛けた。

 会員たちは晴天の下「よろしくお願いします」など声を掛けながら道行く人にポケットティッシュと活動に関するチラシを一人一人に手渡した。

 奉仕団委員長の吉岡マサエさん(71)は「献血が18歳からできるようになったことや活動を多くの人に周知していきたい」と活動について語った。

 日赤は5月を赤十字運動月間として全国的に会員増強を図る目的で運動を行っている。

 【写説】ポケットティッシュとチラシを手渡す会員たち=伊東駅前のロータリー