ヨーヨー釣りに挑戦する子どもたち=伊東高

 県立伊東高(成田優校長)は13日、「第71回伊高祭」2日目の一般公開を行った。近隣住民や保護者、他校の生徒などが訪れ、展示や出し物を楽しんだ。

 校舎内に各クラスの店を出し、部活動の展示などをした。ポテトの販売は行列ができ、クレープは売り切れるほどの盛況で、生徒たちは大忙しで店を回した。来場者はお化け屋敷から出てきて「怖かった」と話したり、風船やヨーヨー釣りで遊んだりした。

 ステージ発表では書道部が「母の日」にちなんで「感謝」と描いたほか、吹奏楽部、演劇部、有志の発表をした。

 同校生徒の友人と回った日大三島高1年の田辺朱莉さんは「焼き鳥がおいしく、吹奏楽も楽しかった。次はクレープ屋さんに行きたい」と笑顔で話した。

 3日目は体育祭を行う。予備日は15日。

 【写説】ヨーヨー釣りに挑戦する子どもたち=伊東高