開設したサロンに訪れる人たち=銀座元町のシルバー交流サロンふじのゆめ

 ■「仲間づくり、趣味の場に」

 伊東市シルバー人材センター(角谷勝彦理事長)は13日、銀座元町の藤の広場向かいにシルバー交流サロン「ふじのゆめ」を開設した。オープニングセレモニーを藤の広場で開き、多くの人たちでにぎわった。

 セレモニーでは来賓の小野達也市長があいさつし、開所を祝った。シャッターを一斉に上げ、来場者に初めて外観と内部の様子を公開した。

 同サロンは高齢者を対象に憩いの場として社会参加や仲間づくり、同センターの会員増強に結びつけることを目的にしている。会員たちが待機し、就労の相談にも対応する。囲碁やパソコン教室を定期的に行う予定で、趣味づくりの場としても利用できる。

 事務局長の佐々木広雄さんは「生きがい、仲間づくり、趣味など多くのつながりの場にしたい。気軽に立ち寄ってほしい」と呼び掛けた。

 【写説】開設したサロンに訪れる人たち=銀座元町のシルバー交流サロンふじのゆめ