あいさつで、インバウンドへの対応充実を求める稲葉理事長(中央)=中央町の伊東旅館組合

 ■優良従業員13人表彰

 伊東温泉旅館ホテル協同組合(稲葉明久理事長、加盟58軒)は23日、伊東市中央町の伊東旅館会館で、第48回通常総会を開いた。2017年度事業報告と決算、剰余金処分案について審議し、承認した。優良従業員表彰も行い、受賞者13人の代表者へ、稲葉理事長が表彰状を手渡し、たたえた。

 稲葉理事長は、2020年開催の東京五輪・パラリンピックなどで外国人客が増えることを踏まえ「個々での努力だけでなく組合の活動を積極的に使って、対応を充実させてほしい」などと呼び掛けた。

 表彰者は次の通り(かっこ内は施設名)。

 【30年表彰】貞永敬二(ホテル・サンハトヤ)古舘拓己(ホテル暖香園)

 【20年表彰】小野田智秀、丸山健(ホテル暖香園)

 【10年表彰】原直也、石井香里(ホテル・サンハトヤ)高羽美樹、荒川久子、市江政子(ヴィラージュ伊豆高原)新井葵、弘光知代(サザンクロスリゾート)土屋正男(ホテル暖香園)横山和子(ホテル・ラヴィエ川良)

 【写説】あいさつで、インバウンドへの対応充実を求める稲葉理事長(中央)=伊東市中央町の伊東旅館組合