収録のためのリハーサルに臨むミミさん(左)や各国のDJアーティストら=八幡野のキティ伊豆スタジオ

 伊東市八幡野の「キティ伊豆スタジオ」で26日、世界のDJアーティストらによるアニメソングをテーマにした公開収録イベント「オタク・スピリット・セッションズ」が開かれた。同スタジオは、1980年代の大人気アニメ「うる星やつら」の音楽をレコーディングした“聖地”としても知られる。ゲストに「うる星やつら」主題歌の「ラムのラブソング」を作曲したMiMi(ミミ)さん=ロンドン在住=も加わり、盛り上がった。

 同スタジオが、国際的アピールや伊豆高原地区のPR、地域活性化などを目的に初めて企画した。インターネットで資金を集めるクラウドファンディングで費用を集めたという。

 公開収録では、DJアーティストたちが、パソコンや楽器を巧みに操りながら自由に演奏。ゲストのミミさんは、ギターや打楽器、歌などでサポートした。ミミさんは「久しぶりの伊豆スタジオ。周辺ではウグイスの鳴き声も聞こえ、とても環境の良い好きな場所。将来、住むかもしれない」と笑顔で語った。完成した作品は、会員制交流サイト(SNS)などを通し世界配信するという。

 同スタジオは77年に完成。井上陽水さん、安全地帯、高中正義さん、RCサクセションら昭和後期~平成を代表するアーティストの収録が行われている。収録と宿泊をパックにした一般希望者の“音楽合宿”の受け入れに力を入れる同スタジオ代表の大平太一さんは「今回のようなイベントを増やし、スタジオを開かれた音楽の交流拠点にしたい」と期待している。

 【写説】収録のためのリハーサルに臨むミミさん(左)や各国のDJアーティストら=伊東市八幡野のキティ伊豆スタジオ