■8月末まで居酒屋、レストラン

 伊豆をはじめ県内で来年4~6月に展開される大型観光宣伝「静岡デスティネーションキャンペーン(DC)」のプレキャンペーンの一環として、JR東日本は1日から東京の上野、品川両駅で「伊豆の食材フェア」を開催する。上野駅では居酒屋、品川駅ではレストランを期間限定で開業し、伊豆産の素材をふんだんに使ったメニューをそれぞれ提供する。8月31日まで毎日営業する。

 上野駅では「のもの居酒屋“かよひ路”」をオープン。ランチを含む12のメニューを販売する。西伊豆町の伝統保存食を生かした「潮かつおじゃがバター」、伊東の人気ご当地グルメをアレンジした「伊東のちんちん揚げ磯辺仕立て」、伊豆市の万大醸造の銘酒「あらばしり」などを用意する。

 品川駅のみやこでは、「伊豆釜揚げしらす丼」「いたわさ伊豆天城極上わさび漬け添え」などの料理のほか、伊豆市のクラフトビール製造販売会社「ベアードビール」のビールといった6品を販売する。

 平日の営業時間は「かよひ路」(上野駅入谷改札外パンダ橋口脇)が午前11時~午後10時半、「みやこ」(品川駅改札外高輪口1階)が午前7時半~午後11時。

 問い合わせは「かよひ路」〈電03(3844)9211〉、「みやこ」〈電03(3446)5435〉へ。