小野市長(左)にメダルを見せながら話す肥田会長(中央)と日吉事務局長=市役所

 沼津市の沼津ゴルフクラブで29日に開かれた「第103回県都市対抗ゴルフ選手権大会」(県ゴルフ連盟主催)で、伊東市チームが準優勝に輝いた。市ゴルフ連盟の肥田雅雄会長と日吉一智事務局長が31日、市役所を訪れ、小野達也市長に報告した。

 27チーム、162人が出場した。55歳以上2人、54歳以下4人の6人でチームを編成し、上位5人の合計スコアで競った。伊東市のスコアは386で1位の静岡市と1打差だった。2017年の成績は4位で、16年は優勝している。

 肥田会長は「悔しいので、来年はリベンジしたい」、小野市長は「活躍は伊東の誇り。ゴルフは生涯スポーツの最たるものなので子どもにもやってほしい」と話した。

 個人の部Aでは同チームの井端和生さんが優勝を果たした。

 【写説】小野市長(左)にメダルを見せながら話す肥田会長(中央)と日吉事務局長=伊東市役所